立木冬麗オフィシャルブログ

「cancam」(小学館)をはじめとする有名人気女性雑誌を中心に占いコーナーを多数担当している、西洋占星術師「立木冬麗」のオフィシャルブログ

<< May 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2015.05.16 Saturday

断捨離・お片付けの上手な星座は?

10
断捨離、お片付け上手な星座は?


世界で最も影響力のある100人に、近藤麻理恵さん(星座不明)が選ばれました。
近藤麻理恵さんは「人生がときめく片付けの魔法」を出版し、それがベストセラーとなり、片付けコンサルタントとして世界中で有名になりました。

片付けコンサルタント??
まさに21世紀の仕事ですね。
片付けることは当たり前。そんな昭和に生まれ、育った私にとってみれば、とても不思議な肩書のように思えます。

片付けることを話し、こんなに多くの人たちの心を掴み、ハリウッドまで行ってしまうとは誰が想像したでしょうか?
まさに21世紀のシンデレラガールですね。


今は、産業革命、仕事革命、人生革命、すべてが大改革の時代に突入しているのかもしれません。
紙芝居、指相撲、井戸、蚊帳、飴細工、雑巾がけ、石けり、鰹節削り・・・
なんだか懐かしいものですが、もしかしたら、そのようなものもビジネスにつながる時代になっているのかもしれませんね。


2011年3月11日に天王星が牡羊座入りし、2019年の3月まで牡羊座を運行していますが、前回、牡羊座に天王星が進行した時代を見てみると、1927年から1934年頃となり、
金融恐慌となる前段階の時となります。
その頃と今が似ているとしたら、やっばり2019年以降がとても怖ろしい気がします。
1939年からは第二次世界大戦が始まっています。

さあ、私も片付けなくちゃ。

さて話は戻りますが、断捨離、とても難しいですね。
いるものと、いらないものを分ける。
当分使わないものは箱にいれておき、後1年使わなかったらやっぱり捨てる。
いろいろと考えられています。
今は大地震もいつくるかわかりません。
その時、非常用バッグに何を入れるのか?
全部持って避難できるわけではないので、非常用バッグに入れるものも悩むところではないでしょうか。

牡羊座は、決断力もあり、忘れやすさも人一倍、過去にとらわれることなく、強い意志の力で前進できるタイプです。
ですから、断捨離はたいていうまくいきます。
一瞬で「いる」「いらない」を判断しますし、たいてい捨ててしまったとしても後悔などすることはありません。
恋しい人も嫌いになったら捨てるのは早いようですね。
ただ、今いる恋人は長い人生の中でも最も素晴らしい恋人の一人ですから、仲良ししていってくださいね。

牡羊座で断捨離、片付けがうまくいっていない人がいたら、それは忙しすぎて、断捨離する時間がないということかもしれませんね。
また高齢者で体力がなく、片付けできない牡羊座がいたら、どんどん手伝い率先して捨ててあげてください。
文句を言われることは少ないと思います。


山羊座も無駄がないという性格でもあり、断捨離に成功しやすい星座の一つです。
経済観念も発達していて、無駄なものは買うことはありませんが、
購入したものが何回使われて、いくら消費したなど、そのような減価償却計算は得意かもしれません。
そんなところで、捨てることには苦にならないかもしれませんね。


水瓶座、天秤座は新しいもの好きというところでは一致しています。
新しい商品、より魅力のあるものが出てくると、古いものに対しての興味を失うので、
捨てるのは簡単です。
特に水瓶座はモノに対しての欲求が少ないことから、いらないものを捨てる、即実行です。
ただ天秤座の中には美しいものは飾って鑑賞したいというような趣味がある人もいて、
そんな場合は部屋がゴテゴテしやすい傾向はみられます。また、どっちがいいかと迷いやすさも生じてくるので、
同じようなアクセサリーがいくつもあるということが考えられます。
しかし、天秤座は押しの強い人の意見には従うところがあるので、
「捨てたほうがいいわよ」と強く言われてしまうと、それに乗って捨ててしまうこともしばしばです。特に2015年12月は厄払いのためにも断捨離は必要です。
身近にあったものを捨てることで開運できる。


水瓶座、天秤座と同じ風の宮の双子座は行動もスピーディーで、テキパキしていることから、断捨離がとても上手と思いがちですが、しかしなかなかそうではないようです。
モノにこだわる性質ではないのですが、とても迷いやすい性格から、捨てることにためらいが生じます。
うーんとなったまま固まってしまい、それが半年、1年となることも多いようですね。
しかし、現在、土星が対人関係の室を運行しています。
そのこともあり、ここ2年の間は家にあるもの、古いものなど捨てることは開運につながります。
思い切って捨ててしまってください。


迷いやすくて断捨離が難しいのは乙女座もそうです。
趣味に関するものが多くて、タンスいっぱい、引き出しいっぱい、部屋いっばいに趣味のものが積み重なっているのではないでしょうか?
あれもこれもとコレクションするのが好きな性質でもあり、集めたものを捨てることができません。
「断捨離」より「もったいない」の精神が作動してしまい、もったいないから捨てられないに傾いてしまうようです。
とても厄介な乙女座なので、断捨離は時間がかかります。
まずは頭で理解するところから始めないと大変です。
周囲の人が手伝ってあげようと優しい気持ちで整理整頓などしたら、後であれがない、これがないと文句を言われることもあるので気をつけてください。

牡牛座もモノにこだわる性質です。12星座では一番かもしれませんね。
乙女座同様、「もったいない」の精神の持ち主であり、
「まだ使える」「これは高かったのよ」ということで、なかなか捨てることができません。
結局、使わないものが家の中に山積になりやすいようです。
牡牛座の場合、まずはその品物の経済的価値で判断して捨てる、捨てないを決めると後悔しないかもしれませんね。
値段の高い順、価値がある順に並べて、高いところから順番にしまっていくと、
捨てるものが早くわかります。
日頃から買い物するときは、高価なバッグや洋服よりより小さくてかさばらない高価なジュエリーに執着するようにすれば、いつまでも家はすっきりしているかもしれません。

「もったいない」の精神は蟹座、蠍座の中にもしっかりと見られます。
蟹座はとかく生活全般を司っている星座でもあり、経済観念は発達していて、節約家、悪く言えばややケチ、細かすぎる傾向も見られます。
ですから、捨てることは大変なこと。
蟹座は創意工夫の星座であり、クリエイターでもあるので、むしろ断捨離するくらいなら、最初からモノは買わない、人の使わなくなったものを貰って、それを活用するようにしたら、経済的ですし、面白い生活ができるかもしれませんね。

蠍座は思い出にこだわる星座であり、モノではなく、そこについている記憶、そのモノがもっている思い出に執着して捨てられない病にかかりやすい星座です。
ですから愛する人がいるときは、たくさんモノがありますが、いざ、嫌いになると、すべて捨ててしまうことができるので、案外モノはたまらないかもしれませんね。


牡牛座同様、華やかなものが大好きな星座が獅子座です。
獅子座は面倒くさいという病気も持っているので、面倒だから掃除できない、片付けできない星座でもあります。
モノがたまりやすい。
獅子座はたった今、12年に一度の最高の時を過ごしています。
最高の時ですから、良いものが買えます。
そうしたら、古いものと取り換えて、古いものは捨ててください。
大々的なクローゼット、タンスのリセットに成功します。



射手座、魚座は全体的に木星、海王星の影響を受けていることもあり、
散らかってしまう性質です。
片付けることは苦手なようです。
片付けるよりは楽しいことに目がいってしまいます。
射手座は寛大であり、魚座は優しい気質です。
自分でやらなくても誰かが片付けてくれたとしても、あまりうるさいことを言うことはないかもしれませんね。
回りの人たちに協力を頼むと良いようです。
また射手座は土星が進行していることもあり、捨てる、別れは幸運の暗示です。
腐れ縁的な人とは離れたほうが良い。イヤなことからは逃げてください。
片付けたくなかったら、逃げて、プロに頼んだほうか良いかもしれない。
下手に自分でやることがあれば土星が頭上に進行していることもあり、
うっかり悪い病気にかかる、高いところの片付けしたことでケガすることがあります。
ホコリ、ダニなどのせいで、アレルギー症状など出てきてしまう、転倒しての捻挫、骨折などになることもありそう。
土星が抜けるのは2017年12月21日です。
それまではホコリにも注意です。



12:28 | - | - | - | - | - |

▲top