立木冬麗オフィシャルブログ

「cancam」(小学館)をはじめとする有名人気女性雑誌を中心に占いコーナーを多数担当している、西洋占星術師「立木冬麗」のオフィシャルブログ

<< February 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

2016.02.01 Monday

2016年の愛の形

0
    2016年愛の形

    ひと昔前は、結婚の条件は三高と言われていました。
    「高収入」
    「高学歴」
    「高身長」

    しかし、今時は四低が結婚の条件になったそうです。
    「低姿勢」
    「低依存」
    「低リスク」
    「低燃費」

    すごい。
    これは選ぶべき車の条件ではなく、将来の伴侶に対しての条件です。
    驚くべき条件ですが、この時代だから、そうなるのもごもっともと
    納得できるところが怖い。


    日曜劇場、下町ロケットの後の番組もまた面白いですね。
    香取慎吾さん(1977年1月31日・水瓶座生まれ)演じる、39歳独身のシングルライフが面白く描かれている「家族ノカタチ」
    毎週見てしまいますね。

    人と関わることは面倒で、一人の時間がほっとする。
    完璧に一人を楽しもうとする主人公、永里大介の姿が、知りあいのお兄ちゃんにも似ているところもあり、なんだか笑いもこみあげてきます。


    人は関わる人によって性格も運命も変わってしまうところがあります。
    だから、面白い。
    だから、心のドアを開いて、いい人と関わりあうようにしたほうが良い。
    そう思い、いつも星占いをしています。


    人の気持ちは伝染していくので、いつも愚痴ばかり言っている人と一緒にいる、
    冷たい反応しか示さない人と一緒にいる、
    些細なことで不機嫌になってしまう人と一緒にいると、
    人はどんどんダメになっていきます。
    よほどのノーテンキな人でない限り、悪い影響を受けてしまい心を閉ざしてしまったり、
    人間不信になってしまうでしょう。


    今年、2016年お勧めの愛の形を発表します。
    2016年は大吉星・木星が乙女座を運行しています。
    今年、星占い的にお勧めのラブは「健康ラブ」です。


    これからやってくる激動の時代を前に、恋をするのであれば、愛するのであれば、結婚するのであれば、まずはご自分が心身ともに健康でいられるような人を選ぶべきでしょう。
    乙女座は健康を司っている星座でもあり、健康志向のラブを求めていくことは、
    実に時代にあったことで好ましい。


    いくらお金があっても、その人と一緒にいると、いつも浮気の心配をしてしまう、
    いつも相手の財力の力に屈してしまい、言いたいことも言えなくなる、
    あまりに社交的なイケメンと結婚したことにより、性格が嫉妬深くなってしまった、
    サイレントモラルハラスメントのダンナが退職、毎日一緒にいて、ウツ病になりそう、
    お金がないとばかり言い、私のお金をアテにしているので将来が不安、
    仕事のストレスでデートの時はいつも暗い顔をしている、
    言葉少なく、口を開けば注意事項ばかり、褒めてくれることは全くない、
    こんなラブは捨ててしまったほうが良いでしょう。
    今年の健康ラブに不適合。


    あなたの健康を脅かすような人と一緒にいると、2019年からの大激動の時代、
    幸運な人になることはできません。
    二人に一人が悪くなる。その悪い一人になってしまう可能性は高くなります。



    一緒にいると経済的に安定して、将来の心配もいらなくなるような相手、
    一緒にいると癒されて、ハードな仕事で帰ってきても、顔を見るとホッとするような相手、
    すごく愛が濃厚で、Hも上手なので、一緒にいるといつもフェロモンが出てくるような気がする相手、
    特技はマッサージ、料理で、私の体のこといつも心配してくれる相手、

    そんな人と一緒にいることがあれば、あなたは確実に今年幸せな一人になれます。


    こんな研究はないのでしょうか?
    毎日、褒められて暮らして10年、
    毎日、文句言われて暮らす10年、
    その10年後の老化度を比べてみたいものです。


    毎日「美しい」「素晴らしい」「愛しているよ」と言われて暮らせば、
    どんな人も自信溢れてくるはず。
    しかし、毎日「バカだなー」「俺の言うことが聞かないから、こんなことになったんだ」
    「デブ」「ドジ」と言われて暮らせば、
    どんな大学出のエリートも自信喪失、自分の価値を半分にしか認められない人になってしまうでしょう。


    昨年、友達の80歳になるご婦人に素敵なボーイフレンドができました。
    ある趣味のサークルで出会ったということで、同じ趣味の話がとても
    あう人だそうです。
    20歳も年下のボーイフレンドでしたけれど、まるで同じ年のように会話が弾んだそうです。

    メールで「大好きです」「素晴らしい」のやりとり、
    そして、彼女のバースデーには年下の彼から、「あなたがこの世に生まれてきてくれて本当に良かった。僕はあなたと知り合えたことが人生最高の喜びだ。」というようなメールも受けとりました。
    その話をしてくださったときの、彼女の笑顔が美しかったこと。
    まるで二十歳のオトメのように頬はピンク、目は潤い、本当にイキイキしていました。


    まだ交際は1年ということですが、それが2年、3年つづいたら、彼女はどんどん若返っていくのではないかしら?
    しっかり観察して、私の老後の指針にしなければ。


    天候不順、テロの脅威、アベノミクスは完全失敗?では?になっている今日、
    せめて、隣にいる人だけは、あなたにとって最高の人をチョイスしたいものです。
    元気に、美しい過ごせる人と一緒にいるのが、ベストです。



    いろいろと制限のある世の中ではありますが、
    自分の隣にいる人だけは、自分の力で、自分の権限で選ぶ自由はあなたにあるのですから。
    そう、あなたは自由なのですから。




    10:20 | - | - | - | - | - |

    ▲top