立木冬麗オフィシャルブログ

「cancam」(小学館)をはじめとする有名人気女性雑誌を中心に占いコーナーを多数担当している、西洋占星術師「立木冬麗」のオフィシャルブログ

<< September 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2015.08.16 Sunday

円安亡国

15
円安亡国

夏休み、読書でもと手にとった本の中に恐ろしいことが書いてありました。
円安亡国(山田順・文藝春秋新書)
最近猛暑日から解放されほっとしていたところですが、
これを読み、一段と涼しくなりました。
ヒヤッ、ドキッとする内容でした。
星占いで見ると、日本は2018年の5月、2019年の3月7日から円の力は衰え、二人に一人が悪くなる、経済大不況になるかもしれないのですが・・・・
その本を読むと、星占いが当たりそうな気配なのです。
天王星が移動することで円の力は弱まっていく運命が見えます。

経済の専門家ではなく、普通に暮らす庶民の私ですが、
アベノミクスと叫ばれた頃から「なんだかへん?」と思うことばかりです。
日本の経済は好調であり、今年の6月24日ついに株価が2万円突破、2000年の4月につけた20833円の高値を超え、なんと15年ぶりに20868円最高値になりました。
だから日本は景気が良い。
スゴイ、スゴイ安倍首相・・・パチパチパチ・・・。

「は?」
ですよね。

先日会ったライターの美人女子は「税金が高すぎて、高すぎて、払えなくて大変なんです」と、涙目で訴えてくれました。

株価の上昇は円安が大きな要因、それと日銀、年金積立金管理運用独立行政法人、国家公務員共済組合、地方公務員共済組合、私学教員共済組合、かんぽ生命、ゆうちょ銀行、これらの私たち国民の財産を預かる機関すべてが、今までよりも多くの資金を日本株購入に充てたからで、日本企業が特別頑張って利益を上げているわけではないのです。

だから、ちっとも私たちにはイイコトがない。
お給料も上がらないし、最近ウィンドーショッビングすると、なんだか洋服も高くなってきたような気がします。勿論GUなど安いところの品も沢山ありますけれど、でも、なんだか全体的に高い値段になっているような気がしてなりませんけれど・・・いかがですか?


また、株価をドル換算すると2000年4月は1ドル104円でしたから
その当時の株価は200ドルです。
今年2015年6月は1ドル124円でしたから、
今年の株価は168ドルです。
ドルで計算すれば、今年の2万円突破した株価も、実は高くない。
15年ぶりの高値更新なんて、嘘だということがわかります。

何故なら世界は円で動いていない。
ドルは世界の基軸通貨ですから、すべてドルで考えて当然なのがこの世界の常識だからです。

こうやって考えれば、何故か最近の暮らしが豊になっているとは思えないという理由がはっきりわかりました。

貯金が100万円あったとしても、2000年度ならその価値は9615ドルあることになりますが、今年であれば100万持っていても8064ドルしか持っていないことになります。
今年は1ドル124円ですから、19万円貯金は減っています。
遣っていなくて、銀行に預けていめだけで19万円、減っているのです。
200万円貯金のある人はその倍ですから、何もしていなくても銀行に預けているだけで38万円損失が出ています。
300万円の預貯金であれば、57万円損失、銀行の通帳には確かに300の文字が打ってありますが、実際は243万円しか現金はない。ということです。
1000万円預金があれば、810万しかないということです。
世界で通用するお金はそれしか持っていないということになります。

今後、ドルは上がっていく兆しが見えています。
1985年には1ドル240円、
1990年には1ドル146円でした。
今後、3年後くらいには最悪の場合1ドル146円くらいにまでなってしまうのではないかという星回りです。

もし1ドル146円になってしまうとしたら・・・。
300万円の貯金のある人は、3646ドル預金が目減り、自然消滅することとなり、現在のレートで考えると45万円、預金は消滅します。

0の並んでいる利率なんてどうでもいい。
ここでご提案は、2019年から来る二人に一人悪くなる運に乗らないためにも、
浮かぶ一人になるためにも、預金をドルに替えると良いかもしれません。

2015年8月16日から10月10日までは蟹座、山羊座は預金に手をつけるべきときがきています。
預金を見直し、徹底的に損失が出ないよう配慮すべき時がやってきています。
大手銀行のドル預金に変更するのも良し、ドル建てのファンドなどに替えていくことはラッキーです。
今すぐ動いてください。

牡羊座はもともと金運がない人が多いので、要注意です。
ここで気がつかないと、あなたは2019年3月以降、7年間の間に破産するか、または生活保護になる可能性も出てきています。
こうなったら、運の良い家族、友達に助けを求めて良いアドバイスをしてもらってください。たった一人で考えたり、結論を出さないようにしてくださいね。あなたはマネーに関しては実に危険です。

牡牛座は勝負強い時がきているので外国の優良ファンド、外債などで勝負し、外国にもっと親しんでください。外資系バンクに預金は幸運です。
きっと来年の秋までにまとまった額が手にはいります。
しかし、来年の春から夏は欲を出し過ぎてしまうと失敗します。
もともと頑固な性格であり、変わりたくない、変わることは「悪」と考える人もいるので、
頑固になって真面目に貯金一筋でいると、完全に失敗、来年の春から夏に大きく資産が目減りします。

双子座は情報収集力が素晴らしいので、今後も良い情報が入ります。
8月28日から11月2日まで、マネー動かすチャンスです。
トライしてください。
その成果は2,016年来年の9月以降はっきりと出てきます。

獅子座は今年の8月11日以降、一年間がマネー増やすチャンス到来、
勇気出して、大きく預金の変化を。
来年の8月は大金運到来しているので、その時期にかなりの成果を上げること間違いなしです。
ただ、ファンド、株などより常識的、危険のないもののほうが良い成果が出ます。

乙女座は今が12年に一度の大幸運ですから、たった今、やってください。
特にバースデーシーズンに入ると太陽も味方、あなたのバースデーに記念の外貨預金などラッキーです。

天秤座は年内に動かすとラッキーです。早めに動いてください。
年始から春は動かすことは危険です。また友達にマネーに詳しい人、実に豊に暮らしている人がいれば、その人のアドバイスに従うことも良いことです。

蠍座はもともとマネー運悪くない。
感覚も良いので、損はあまりないタイプです。
ただ、現在土星がマネーの室に進行していることもあり、
持っている資産はかなり目減りしているはず。
昨年の12月以降、目減り開始、来年の春から夏にはまとまった額が出ていくこともあり、
まだまだ出費は続きます。
動かすなら来年の3月までの間、早いほうが良いでしょう。
年内はベストです。

射手座は土星が頭上にきていることもあり、なかなか鈍いときです。
判断が鈍ることもあるので、たった今動かすことがあれば、山羊座、蟹座の判断に従うことは好ましいことです。
2018年から19年の大波乱のとき、金運の室に凶星が進行してくるのが射手座なので、
現在五十代であると、三年から四年後に仕事もしなくなる恐れがあります。
退職です。
そのため、外貨預金のほか、自分への投資も忘れないで。

水瓶座はグローバルな感覚の持ち主なので、すでに外貨預金に手をつけていることもあるでしょう。その額を増やしていってください。
また将来外国で住みたいという人も多いはずですから、その国の外貨を購入すること良いこと。ただ、ユーロ圏ではなく、アジアの国であれば、やはりドルで持っていたほうが将来有利なので、ドルが良いでしょう。

魚座は感性豊かなので、将来察知してすぐに動くことができるはずです。
今年であれば9月23日から10月23日までの間に預金などの変更は好ましいことです。
外資系バンクとの関係も良い1年となっているので、日本のバンクではなく、外資系バンクに預金始めることも良いことです。


どうぞ早くに手を打ち、星占いを愛する皆様の財産が守られますよう、
心よりお祈りいたします。







10:17 | - | - | - | - | - |

▲top