立木冬麗オフィシャルブログ

「レタスクラブ」をはじめとする有名人気女性雑誌を中心に占いコーナーを多数担当している、西洋占星術師「立木冬麗」のオフィシャルブログ

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 5月3日は憲法記念日だったけれど・・・。 | TOP | 目のつけどころがSHARPでしょ。(創業から見ると運命が見えてくる) >>

2016.05.08 Sunday

乙女座ウォーレン・バフェット氏も12年に一度の大幸運到来。

0
    乙女座ウォーレン・バフェット氏も12年に一度の大幸運到来。


    ウォーレン・バフェット氏(1930年8月30日生まれ・乙女座)、バークシャー・ハサウェイのCEOであり、2016年度の世界富豪3位に位置し、個人純資産670億ドル、毎年5月にオマハで開催される株主総会は楽しすぎて、大勢の人達が集まる名物行事になっているそうです。
    純資産1位はビル・ゲイツ(1955年10月28日生まれ蠍座)750億ドルです。


    昨年は4万人の人達が株主総会に集まったそうですが、今年は12年に一度の乙女座の大幸運の影響か、4月30日、株主総会始まって以来初のインターネット中継をYahooで行いました。
    それでも本物を見たいと押しかけた人達は昨年と同じくらいいたというのですから、その人気は本当に凄いですね。
    会場では楽しく安く買い物もできるそうですが、やはり一番の来場者の楽しみは、バフェット氏とパートナーであり、副社長である元弁護士のチャーリー・マンガー氏(1924年1月1日生まれ・山羊座)が直接、集まった人の質問に答えるというコーナーだそうです。


    ここまでの大富豪になると、12年に一度の大幸運とは、一体どんなことがあるのだろうか?と思ってしまいますが、このネット中継という新しいことに取り組んだことも、その一つの現れなのかもしれません。


    それにしても、バフェット氏、今年で86歳になられます。
    副社長のマンガー氏はさらに凄い、今年1月のバースデーを迎え92歳になっています。
    しかし、お二人とも頭脳明晰、しっかりとした経営判断で、世界最大の持ち株会社を経営しています。
    その上、バフェット氏は76歳の年に長く付き合っていた女性と再婚しています。
    そのエネルギー、そのパワー、いったいどこから来ているのでしょうか?



    バフェット氏の生まれた時の星を見てみると、太陽は乙女座の8度、(生まれた時刻、場所により多少違うことはありますが)土星が第5室に輝いています。
    土星は山羊座生まれの人の守護星です。
    山羊座生まれというのは、マンガー氏ですね。
    バフェット氏は生まれたときから、山羊座とは相性が良いということです。
    また、土星は一般的には凶星と言われていますが、土星はコツコツ努力、真面目、晩年運、積み重ねていくことを意味しているので、土星が良い角度を形勢しているということは人生において、実に大事なことかもしれません。
    バフェット氏は土星が意味しているコツコツ努力、真面目に積み重ねていく。これが基本的に好き、できる人であることを示します。

    バフェット氏の名言集では
    「辛抱強さ、冷静さは知能指数よりも重要かもしれないと思っています」
    「人を雇うとき、正直さと知性、エネルギーの3点に着目しますが、
     いくら知的でも、いくらエネルギッシュでも、正直さがなければダメだ」
    と紹介されていますが、
    まさに、バフェット氏は土星好き、土星のコツコツ努力、辛抱強く、積み重ね、
    飾り立てるのではなく、地味でも、正直に自分の道を追いかけていく、
    そんな人が好きで、そのように生きてきたのでしょう。

    バフェット氏もマンガー氏も星占いでは大地の星座(地の宮の生まれ)です。
    山羊座、乙女座、牡牛座、この3つが大地の星座です。

    マンガー氏の太陽は山羊座の8度に位置しています。(生まれた時刻、場所により多少違うことはあります)
    乙女座と山羊座は地の宮の星座であり、太陽同士は8度と8度で、大幸運の角度120度を示しています。
    120度は安定と幸せをもたらす角度です。
    バフェット氏とマンガー氏は星占いでみると、滅多にないほどの最高の相性ということになります。

    バフェット氏が・最高の相性のパートナーであるマンガー氏と出会ったのは1959年ということですから、このお二人、もう59年もの長い間、良い関係を続けてきていることになります。

    揺るぎない世界に誇るバークシャー・ハサウェイ王国は、この最高の相性である二人の手によって築かれているのです。

    星占いで言う相性、恋愛だけではなく、やはり仕事の上でも、この上なく大事であるということが言えますね。

    最高の相性の人物と出会い長年力を出し合っていることが、さらにバフェット氏の運を上げていると思われます。

    さあ、あなたも仕事で成功したいと思っていたら、最高の相性の人を見つけてください。


    バフェット氏は2014年に個人寄付では最高額となる約28億ドルを5つの慈善団体に分けて寄付しています。その一つである最高額の21億ドルを寄付した先は、マイクロソフト社創業者ビル・ゲイツ氏夫婦が設立したビル&メリンダ・ゲイツ財団です。
    今年も多分、バフェット氏、12年に一度の大幸運の年ですから、さらに多額の寄付をされることでしょう。
    私たち庶民は12年に一度の大幸運で、良い仕事についてしっかり稼ぐ、
    しかし、資産家は12年に一度の大幸運で、良い財団を見つけて寄付をする。

    日本にもバフェット氏のような人物が沢山出てきて欲しいですね。


    都知事の舛添氏が(射手座)が公用車を使って定期的に別荘のある湯が原へ行っていた。
    あー、ちっちゃい。
    自分の稼いだお金が買った車で自分の運転手を使って行けばいいのに・・・・
    あー、都知事はそんなことにも都民のお金使うのね。
    あー、ちっちゃい。
    ちっちゃい。






    乙女座のバフェット氏は土星が良い角度であったために、山羊座と最高の相性でしたが、
    乙女座生まれが全員山羊座と最高の相性というわけではありません。
    生まれた年、生まれた日によって違いが出ます。
    そこのところは詳しいホロスコープ判断が必要となります。



    19:05 | - | - | - | - | - |

    ▲top