立木冬麗オフィシャルブログ

「レタスクラブ」をはじめとする有名人気女性雑誌を中心に占いコーナーを多数担当している、西洋占星術師「立木冬麗」のオフィシャルブログ

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 人をつくる言葉より | TOP | 「Accountabilityとは説明責任のことではありません」黒川清 >>

2016.06.22 Wednesday

パックンが言うには

0
    パックンが言うには。


    先日、ぼーっとテレビを見ていたら、アメリカ生まれ、アメリカ育ちで、日本のお笑い芸人となり、テレビでも活躍しているパックンことパトリック・ハーランさん(1970年11月14日生まれ・蠍座)がトーク番組に出演して、アレコレ話していました。

    アメリカ人はよく議論するんですよ。
    小学校の頃から、普通の会話は議論になることが多い。
    「僕はこう思うよ」と言えば、相手は「いや、違うんじゃないか、こう思うよ」と言い返して、それが楽しい会話となるそうです。

    日本では、友達同士の会話でも、「こう思わない?」と言うと、「そうそう、そうだわ」ということになり、一人が言うことに、そのグループ全員が賛同する?
    「僕はこれがいいと思うよ。他の人達はどうなの?」
    「はい、とれあえず、それでいいと思うます」などなど・・・。

    まずは相手との争いは避ける。
    無難に収める会話が多いのではないでしょうか?
    ですから、議論なんて全くしない。
    議論は喧嘩になってしまう?

    またはモノに関しての会話が多いように思います。
    「シャネルのバッグのデザインが素敵なの。欲しいわね」
    「NACのハンドクリームは凄いわよ、使ってみて」
    「渋谷店のオムライスは美味しいから、今度行ってみて」
    などなど。
    当たり障りない、モノの話ばかり。


    パックンが言うには、アメリカのジョークは政治ネタがすごく多いそうです。
    今なら、トランプ氏(双子座)のネタばかりやっているのかしら?
    ふざけてやっても、政治家は何も文句は言わないそうですよ。

    でも、日本では政治の話となれば、
    「そんな難しいことわからないわ」
    「え?こんな飲み会で政治の話するのはよくないんじゃない、もっと楽しいことはなそうよ。」
    「政治なんて関係ないわ」

    ・・・・・。
    どうも日本人はアメリカナイズされたとは言っていますが、基本、江戸時代とは変わっていない国民性のようですね。


    来月7月10日は参議院選挙、7月31日は都知事選挙と国民、特に都民にとって大事な日が続きます。

    みんなで議論してみてはいかが?

    桜井翔君のお父様、桜井俊氏は1953年12月14日生まれの射手座です。
    土星が頭上進行してお辞めになった舛添氏と同じ射手座の生まれ。
    はっきり言って、今回の都知事選挙のお話は実に迷惑な話なのではないでしょうか。
    星占いで見れば、実にお気の毒な話です。
    また、民進党から出場するかもと言われていた蓮舫氏も1967年11月28日生まれの射手座です。
    蓮舫氏も都知事にと言われて悪い気はしなかったでしょうけれど、
    実に迷惑な話だったかもしれませんね。

    さあ、もっと運の良い人が出てくるように、お祈りしましょう。


    そして今日から夕飯時に政治の話を親子でしてみるのは良いかもしれませんよ。
    親子で議論しましょう。






    16:56 | - | - | - | - | - |

    ▲top